文字の大きさ 小中大 
   ホーム  > 国保連合会からのお知らせ > 第21回熊本県国保地域医療学会を開催しました
戻る ホーム
国保連合会からのお知らせ

第21回熊本県国保地域医療学会を開催しました

最終更新日 [2016年10月27日]             

日時:平成28年10月22日(土)
場所:熊本テルサ

テーマ:地域における医療と保健・介護・福祉の連携をめざして
主 催:熊本県国民健康保険診療施設協議会・熊本県市町村保健師協議会・本会

熊本県内の国保直診施設、保険者、医療機関、介護関係施設などから約300人が参加。
30題の研究発表とワークショップを行った。

開会式

研究発表

医療関係者などが、業務に関する研究の成果を演題分類ごとに発表した。
発表者の職種は看護師(准看護士を含む。)が19人と最も多く、次いで保健師3人、医師・薬剤師2人、臨床検査技師・言語聴覚士・臨床工学技士・管理栄養士各1人であった。

演題分類と発表数 : 在宅医療・ケア、臨床、看護に関するもの(6題)
             保健事業、看護に関するもの(6題)
             看護、連携に関するもの(6題)
             臨床、薬剤、リハビリ、職員の資質向上に関するもの(6題)
             熊本地震に関するもの、その他(6題)

研究発表

ワークショップ

テーマ:「地域医療におけるよりよい多職種連携をめざして〜地域連携の実例から〜」

司会者:坂本興美学会長(上天草市立上天草総合病院長)

      森崎哲朗副学会長(国保八代市立病院長)

発表者:(県内の国保直診施設における地域医療連携の担当者)

       国保和水町立病院 松川美鶴(看護師)
       阿蘇医療センター 本田誠(社会福祉士)
       小国公立病院 片岡恵一郎(医師)
       国保水俣市立総合医療センター 江口周司(理学療法士)
       熊本市立植木病院 耕理千子(看護師)
 

各施設での医療・介護各病床への受け入れ状況や、在宅復帰した場合の医療との連携などについて、それぞれが抱える問題やスムーズに連携できている事例などが報告された。
地域包括ケアの最前線に立つキーパーソンからの貴重な問題提起や意見交換の場となった。


ワークショップ

研究発表最優秀者等

学会終了後に研究発表最優秀者選定会が行われ、最優秀者1人と優秀者4人が選ばれた。
表彰式は、来年度本学会の開会式後に行うことになっている。 

○最優秀者
【保健事業・看護に関するもの】
 「妊娠中からのCKD予防・糖尿病予防 〜乳幼児健診でのフォロー事業報告〜」
     
阿蘇市役所ほけん課 保健師 蔵原眞由美

(阿蘇市では生活習慣病の重症化予防が健康課題で、特に糖尿病からの腎機能低下が目立つ状況にある。そこで、生涯を通じて個人の健康を守るという視点から、妊婦健診での血液検査・検尿結果や乳児健診時などに把握した産婦の状況などを基に保健指導や医療機関受診勧奨を行うなど、得られた情報をつなげて妊産婦の健康管理に生かす取り組みを行っているという。その取り組み状況や成果、課題などについて報告された。)

審査では、「CKD(慢性腎臓病)は今、日本全体で問題となっている疾患であり、予防のために早期から(保健師が)医療機関と連携し介入することで、医療費の伸びを抑制し、生活の質を高めることが期待できる」と評価された。

○優秀者
【臨床、薬剤、リハビリ、職員の資質向上に関するもの】
 「上部消化管内視鏡検査における咽頭麻酔の工夫〜スプレー法とアメ法の麻酔効果の比較〜」
     山鹿市民医療センター 看護師 原田康恵

【在宅医療・ケア、臨床、看護に関するもの】

 「高齢者の不穏に対するアロマテラピーの効果〜近位看視者へのアロマトリートメントを実施して〜」
     球磨郡公立多良木病院企業団 看護師 愛瀬真由美

【看護、連携に関するもの】
 「早期離床における判断指標導入の効果〜スタッフの意識向上に向けた取り組み〜」
     山鹿市民医療センター 看護師 山下裕典

【熊本地震に関するもの、その他】
 「観光バス事故による傷病者(韓国人)受け入れ時の対応を振り返って」
     小国公立病院 准看護師 井手口武司

この情報に関するお問い合わせは
保健事業支援課事業振興係
電話:096-365-0976
ファックス:096-365-4188
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
copyrights(c)2008 The Kumamoto Health Insurance Organization Allright Reserved.