文字の大きさ 小中大 
   ホーム  > 国保連合会からのお知らせ > 市町村保険料(税)担当者研修会を開催しました
戻る ホーム
国保連合会からのお知らせ

市町村保険料(税)担当者研修会を開催しました

最終更新日 [2009年8月5日]             

                           日時:平成21年7月30日(木)〜31日(金)
                                場所:熊本テルサ

 毎年、熊本県国保事業充実強化推進協議会の主催で、市町村の保険料(税)担当職員を対象に行っているが、今年度初めて熊本県後期高齢者医療広域連合との共催で開催した。
 1日目は市町村と後期高齢者医療広域連合から合わせて約100名、2日目は市町村から約50名が出席した。
 講師2名による講義と、事例発表、グループ討議が行われた。
 講義では、(株)全国地方税徴収実務機構の徴収アドバイザーである篠塚三郎氏と見島充氏が、「収納率向上対策の現状と改善すべき方策について」「折衝の基本と財産調査」「差押え手続の基本と財産の特定等」について、それぞれ解説した。
 事例発表では、氷川町の担当者が「氷川町における収納向上対策の取組」について発表した。昨年末に、同町が県内自治体で初めて取り組んだ「過払い金」の返還請求訴訟についても紹介された。
 グループ討議では、8班に分かれて2つの課題に取り組み、各班の代表が回答を発表し、意見交換や講師による助言も行われた。

 なお、10月23日には、今回と同じ講師を迎えて、市町村の保険料(税)担当の管理者(係長以上)を対象とした研修会を開催する予定。
市町村保険料(税)担当者研修会

この情報に関するお問い合わせは
保健事業支援課
電話:096-365-0976
ファックス:096-365-4188
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
copyrights(c)2008 The Kumamoto Health Insurance Organization Allright Reserved.