文字の大きさ 小中大 
   ホーム  > 熊本県国保地域医療学会 > 第23回学会の終了及び研究発表の結果について
ホーム
熊本県国保地域医療学会

第23回学会の終了及び研究発表の結果について

最終更新日 [2018年11月1日]             

 

23回熊本県国保地域医療学会は、盛会のうちに終了しました。

皆さまのご参加、誠にありがとうございました。

 

また、全29題の研究発表の中から下記のとおり最優秀者1名、優秀者4名が決定しました。

 

研究発表最優秀者

 国民健康保険八代市立病院 医師 森崎哲朗 様

  「医科・歯科連携により経口摂取を継続しながら在宅医療で看取った高齢者口

腔癌の1例〜」

 (演題分類B 介護、在宅医療・ケア、歯科・口腔ケアに関するもの)

 

研究発表優秀者

 山都町包括医療センターそよう病院 看護師 廣本恵美 様

  「業務改善

   〜ロング日勤の負担軽減へ向けての取り組み〜」

(演題分類A 看護に関するもの)

 

 錦町役場 健康保険課 保健師 藤川絹代 様

  「生活習慣病予防のための中学生の健康診断の取り組み」

(演題分類C 保健事業、看護に関するもの)

 

 山都町包括医療センターそよう病院 臨床工学技士 藤本清貴 様

  「より良い透析室カンファレンスを目指して」

(演題分類D IT、リスクマネジメント、連携、熊本地震に関するもの)

 

 国保水俣市立総合医療センター 認定理学療法士(循環)

  心臓リハビリテーション指導士 永田光寿 様

  「重症急性心筋梗塞に対してCPXデータを基に心臓リハビリテーションを実

施し、生命予後の改善及び職場復帰に至った症例」

(演題分類E 臨床、リハビリに関するもの)

 

 

受賞された皆さま、おめでとうございます。

また、研究発表いただいたすべての皆さま、ありがとうございました。

 

この情報に関するお問い合わせは
熊本県国保地域医療学会事務局
電話:096-365-0976
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

ホーム
copyrights(c)2008 The Kumamoto Health Insurance Organization Allright Reserved.