文字の大きさ 小中大 
   ホーム  > 熊本県国保地域医療学会 > 第22回学会の終了及び研究発表の結果について
ホーム
熊本県国保地域医療学会

第22回学会の終了及び研究発表の結果について

最終更新日 [2017年10月31日]             

第22回熊本県国保地域医療学会は、盛会のうちに終了しました。

皆さまのご参加、誠にありがとうございました。

また、全24題の研究発表の中から下記のとおり最優秀者1名、優秀者4名が決定しました。

 

研究発表最優秀者

 国保水俣市立総合医療センター 人工透析センター 看護師 溝上より子 様

  「透析患者における血清リン・補正カルシウム値管理の適正化を目指して

〜オリジナルツールを使用し個別指導を行って〜」

 (演題分類C 看護に関するもの)

 

研究発表優秀者

 上天草市立上天草総合病院 医師 和田正文 様

  「上天草総合病院における日本紅斑熱の標準治療」

(演題分類A 臨床に関するもの)

 

 和水町役場 税務住民課 事務職 石井舟 様

  「保健事業実施における成果と今後の課題

〜国民健康保険事業の安定化を目指す〜」

(演題分類B 保健事業に関するもの)

 

 国保水俣市立総合医療センター 東4病棟 看護師 井川友里江 様

  「看取りのケアマネジメントシートを用いたカンファレンスの効果」

(演題分類D リハビリ、ターミナルケアに関するもの)

 

 国保水俣市立総合医療センター 診療技術部放射線技術科

 診療放射線技師 山澤順一 様

  「『くまもとメディカルネットワーク』の利活用推進に関する検討

〜医療文書の電子的送受信とオンライン画像連携について〜」

(演題分類E 職員の資質向上、IT利用、連携に関するもの)

 

 

受賞された皆さま、おめでとうございます。

また、研究発表いただいたすべての皆さま、ありがとうございました。 

この情報に関するお問い合わせは
熊本県国保地域医療学会事務局
電話:096-365-0976
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

ホーム
copyrights(c)2008 The Kumamoto Health Insurance Organization Allright Reserved.